南部鉄器

南部鉄器のキラリと光る選り秀る南部鉄器製品を選んで紹介する、南部鉄器のネット通販。

南部鉄器

南部鉄器は、日本の伝統工芸品の一つで、岩手県みちのくの特産品の一つとして親しまれています。

17世紀中頃、南部藩主が京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜を作らせたのが始まりです。
以来、良質な原材料に恵まれたことや、藩が保護育成に努め各地より多くの鋳物師、釜師を召抱えたことで発展を続け、その製造品も現在では茶釜から日用品に至るまで幅広く、国内はもとより世界中の人に愛されつづけております。

「鉄」の耐熱性や保温性など独特の特徴があり、お湯を入れる鉄ぴん、食物を煮る鍋などがつくられました。

また、また鉄はたたいた時に、きれいな音を出すところから鈴や鐘などにも利用され、昔からたしたちの身近なものとして、幅広く使われています。

南部鉄器を選ぶなら「南部鉄器・南部鉄瓶