南部鉄器とは

作成 by 南部鉄 - -

南部鉄器は、岩手県盛岡市・奥州市で造られる鉄器で、奥州地方の山脈で良質な砂鉄が産出された事から、古くは十七世紀の中ごろに当時の南部藩により盛んに鉄器や鉄瓶などが造られました。

今は、伝統工芸品として有名です。

南部鉄器で造られた料理やお茶などには、微妙に鉄分が含まれ、味わいのある風味を醸し出すといわれます。


高岡銅器の伝統の技 - 亀文堂写 八角山水鉄瓶

亀文堂写 八角山水鉄瓶 摘み・座:銀彩 霊芝型弦

この鉄瓶は、明治から昭和にわたって作られた鉄瓶を、現代の精密鋳造技術と高岡銅器の伝統の技を用いて複製したもので、当時の鉄瓶を忠実に再現しております。

日本古来の伝統技法を用いて熟練の職人が一つ一つ手作りで制作しております。


南部鉄器を選ぶなら「南部鉄器・南部鉄瓶