南部鉄器の由来

作成 by 南部鉄 - -

宝暦年間(1751年から63年)・17世紀の頃から、武士や文人の間で、土ぴんが盛んに使われていましたが、岩手県の盛岡市と水沢市の二つの地域をのぞむ岩手山から産出される良質の鉄砂が産出され、茶釜が南部藩で使われ始めました。

その後、三 代目小泉仁左衛門という人が、茶釜を少し小さめにして、それにつると注ぎ口をつけて鉄瓶を創りました、これが鉄ぴんの始まりといわれています。

岩手県奥州地方の鉄砂は良質な事から、南部鉄瓶や南部鉄器として盛んに作られ、各地方に広められました。

現在も、昔ながらの伝統的な技術を受け継ぎながら、鉄ぴんや茶の湯釜などが、一つ一つ手づくりで造られ、風鈴、灰皿、花器などの日用品も加わり根強い良い人気を保っています。

南部鉄ぴんは、独特のサビ止め技法があり、「南部鉄ぴん金気なし」といわれて人気があります。

「南部鉄器」の代表、鉄ぴんは、アルマイト製のやかんなどに比べてずっと冷めにくく、しかも半永久的に使えるのが、すばらしい長所といえるでしょう。

大量生産される今でも、一つ一つ作る職人技が光る「南部鉄器」は、伝統工芸品としても衰え事のない人気を誇っています。


東仙信山堂 やかん

手作りならではの、味わいある鋳肌はきれいで、鉄の肌感を満喫できます。

鉄の硬さを感じさせない柔らかなフォルムを表現し、肉厚の薄さで軽さや使い勝手のよい鉄瓶を実現。

鉄瓶の内面は伝統技法の釜焼きを用い、さび止めのための酸化皮膜をつけています。

健康を気遣うヘルシー志向の方へのギフトにいかがでしょうか?

100VのIH調理器では通常使用が可能です。200VのIH調理器でのご使用の場合は「とろ火→弱火」の順に温度を上げてご使用ください、急激な温度上昇や中火・強火でのご使用は変形したり、割れたりする場合があります。(注)東仙信山堂 やかん は南部鉄器ではありません。